フルスタック開発者を採用すべきか

フルスタック開発者を採用すべきか

フルスタック開発者を採用すべきか
フルスタック開発者を採用すべきか

この記事ではフルスタック開発者「Full-stack developer」をご紹介させていただきます。

 

どんな仕事か?

どんな役割か?

必要なスキル?

 

以下に明確に説明します。

フルスタック開発者とは

大部分の開発者はフロントエンドやバックエンド、Devopsなどの特定の領域に特化しています。

残り部分の開発者はソフトウェア開発のプロセスに全ての仕事を進めるというのがフルスタック開発者です。

どんな仕事をするのか

フルスタック開発者になることに必要なスキルを判断するのが難しいです。優秀なフルスタック開発者になるため、様々なこと(フロントエンド、バックエンド、 Devops など)はもちろん、フロントエンドやバックエンドを詳しく理解して、ベストプラクティスとソフトウェア開発の概念を身につけることも重要です。

フルスタック開発者はシステムンの全ての部品に対応することができて、優秀な開発者なら、最適な方法で全部を組み合わせます。豊富な経験と多くのスキルが必要です。

フルスタック開発者はフロントエンドの開発においてフロントエンド開発者に比べると劣勢です。特定の分野の専門家になることができますが、全ての分野の専門家になるにはソフトウェア開発業界で長い年間の経験を積む必要があります。

すべての技術を導入できるフルスタック開発者は大変ですが、雇用主によっては必ずしも求めているものではありません。

なぜなら?

フルスタック開発者は全部の要求に対応できるわけではありません。

フルスタック開発者は、システム内のさまざまな部分(フロントエンド、バックエンド、データベース、CIツールなど)と開発中にどのように相互作用するかを幅広く理解し、組み合わせて完成品にすることができます。

しかし、デメリットの面もあります。複雑なシステムを開発するとフルスタック開発者は弱点を明らかにし、全体検査するのが難しいです。その時、特定の分野の専門家が必要です。フルスタック開発者だけがいれば、実現できると思う方が多いでしょうか。実際には完全に間違っているわけではありませんが、資金が限られているスタートアップにのみ適用でき、できるだけ早く納品します。その場合は一人のフルスタックエンジニアが最適です。製品開発が複雑になると、特定の分野の専門家がサポートしてくれる必要があります。

フルスタック開発者の役割は、すべての部分を組み合わせ、できるだけ早めに市場に納品することです。大規模で複雑なシステムについては、高度な専門性を備えた人材が必要です。

必要なスキル?

最初、特定の分野のスキルを強化して、それから開発中にどんどん他の分野の知識を身につけます。フロントエンドの開発スキルやバックエンドの開発スキル、スマートフォンの開発スキルなどが主なスキルです。

チームの主要メンバーになる

フルスタックの開発者は、簡単にチームのコアメンバーになる可能性が高いです。システム内のすべてのプロセスはもちろん、ビジネスとユーザーを理解します。他のチームメンバーがどのツールを使用しているか、そして仕事を成し遂げるために何が必要かを理解するので、素晴らしいチームメンバーになることができます。幅広い知識により、開発プロセスでアジャイルを使用するチームにうまく適応することができます。

まとめ

雇用者にとって、フルスタック開発者を採用すべきか

スタートアップ会社が、製品をできるだけ早く市場に出すためにMVPを構築する必要がある場合、またはチーム間の結束とコミュニケーションチャネルを必要とする大規模なプロジェクトの場合、フルスタック開発者を採用すべきです。

開発者にとって、フルスタックエンジニアになりべきか

答えは情熱や目標によって異なります。よく調べて、決めるのは自分です。

以上です。また他の記事でね。

見積もり・資料請求

見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします

お問い合わせ

よく読まれている記事