Webサイトの表示速度を改善する5つの方法

Webサイトの表示速度を改善する5つの方法

Webサイトの表示速度を改善する5つの方法
Webサイトの表示速度を改善する5つの方法

今日、ウェブサイトのスピードとアウトプットがとても重要です。ユーザーの希望は高まり、根気がなくなっています。ウェブサイトのスピードが遅すぎると、数秒待つ代わりに別のウェブサイトにすぐ移動します。

ユーザーが移動しなくても、遅いスピードのウェブサイトには期待がなくなって、製品・サービスを利用したくないと思う方が多いでしょうか。

また、ウェブサイトのスピードがサイトのランキングに影響を与えます。ユーザーとグーグルの信頼や高い評価を頂くため、ウェブサイトのスピードが重要です。

以下はウェブサイトのスピードがアップする5つの基本方法。

目次:

1.よいホスティングパッケージを利用する

2.キャッシュを利用する

3.CDNを利用する

4.画像を最適化する

5.HTML、Javascript、CSSを圧縮する

6.まとめ

 

1.よいホスティングパッケージを利用する

WordPressのソースコードを使用している場合、WordPressホスティングを提供する会社を選択することが最も重要です。速いハードウェアと良いインフラストラクチャを持っている会社を選ばなければなりません。ホスティング提供サプライヤーが不信感を表明するとウェブサイトのスピードが遅くなる可能性が高いです。レビューサイトでホスティングサービスの品質を評価するコメントに基づいて判断します。

Bluehostといったほとんどのホスティング提供するサプライヤーはシャアホスティングから仮想マシン、専用サーバー、クラウドサーバーまでのさまざまなサービスパッケージを提供します。

より高度なパッケージを利用するとコストはもちろん、リソースの使用量も当然増加します。シャアホスティングプランでウェブサイトの構築を開始するとき、問題ないかもしれませんが、より高度なパッケージをアップグレードするため、アクセス数とリソースの使用状況を定期的に確認することが必要です。

2.キャッシュを利用する

簡単に言えば、キャッシュとはアクセスしたサイトや、起動させたアプリなどのデータを一時的に保存しておく技術です。

ページのコンテンツがストレージで用意されるので、ウェブサイトのアウトプットを改善することに役に立ちます。また、サーバーのさまざまなシステムのリソースを軽減するのにも役立ちます。

WordPressソースコードを使用している場合は、ホスティングプロバイダーが提供するキャッシュプラグインを使用すべきです。キャッシュは、その環境で最も効果的に運営するように構築されているためです。

WordPressを使用しない場合、キャッシュの使用はより複雑になる可能性があり、プログラミング技術が必要になります。いかなる場合でもホスティングサービスプロバイダーと話し合って、最適なソリューションを見つける必要があります。ホスティングサービスプロバイダーは、システム上で最適なソリューションと良い提案を持っています。

3.CDNを利用する

Content Delivery Network (CDN)を利用するのはウェブサイトのスピードを上げるための最も効果的な方法です。CDNとは、コンテンツデリバリーネットワークの略で、大容量のデジタルコンテンツをインターネット上で大量配信するためのネットワークのことです。従来、サイト上で大容量のデジタルコンテンツを公開する場合、アクセスが集中した際はコンテンツをのせているWebサーバーがダウンしたり、ネットワークに過剰な負荷がかかってしまう問題がありました。CDNではそういった問題を解決するべく、大量配信や高速配信に耐えうるような最適化が施されています。

4.画像を最適化する

画像は、ページをダウンロードする際のデータ量の大部分を占めることがよくあります。画像はサイト訪問者のエンゲージ率を高め、直帰率を改善できる要素のひとつです。ブラウザがダウンロードしなければならないデータ量が減るほど、クライアントの帯域幅の競合が少なくなり、ブラウザでコンテンツをダウンロードして画面に表示するまでの所要時間を短縮できます。

5.HTML、Javascript、CSSを圧縮する

Webサイトの表示速度をアップさせる上で、HTML、Javascript、CSSなどWebサイトの構成要素を圧縮することは重要な解決策の一つです。

圧縮(軽量化)とは、ブラウザによるリソースの処理に影響を与えることなく、不要なデータや重複データ(コードのコメントや書式など)の削除、使用されていないコードの削除、短い変数名や関数名の使用といった処理を行うことを指します。圧縮することで処理を高速に行えるようになります。

6.まとめ

フロントエンドからウェブサイトのスピードをアップすることは難しくありません。上記の方法に従ったら、アップできます。

参考:https://www.cloudflare.com/learning/performance/speed-up-a-website/

見積もり・資料請求

見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします

お問い合わせ

よく読まれている記事