「CloudNative Days Tokyo 2021」開催レポート

2021年11月4〜5日、昨年に引き続き、オンラインイベント「CloudNative Days Tokyo 2021」が開催されました。

3月11〜12日に開催された「CloudNative Days Spring 2021 Online」、9月3日のクラウドネイティブ技術の1テーマにフィーチャーした1Dayオンラインイベント「Cl/CD Conference by CloudNative Days Continuous 〜 技術を知り、試し、取り入れる 〜」に引き続き、今年3回目の開催となった本イベントですが、今回のテーマは「+Native ともに繋げるクラウドネイティブの 世界」。このテーマについて、実行委員から参加者の皆さんへ下記のようなコメントが寄せられています。

“CloudNative Days” は最新の活用事例や先進的なアーキテクチャを学べるのはもちろん、ナレッジの共有やディスカッションの場を通じて登壇者と参加者、参加者同士の繋がりを深め、初心者から熟練者までが共に成長できる機会を提供するテックカンファレンスです。

今日、多くの技術者、コミュニティ、企業がクラウドネイティブを目指す旅路を歩んでいます。

それぞれの旅路において、拾い集めた様々な経験、知識、疑問、悩みを共有する”交差点”にして欲しい、そんな思いが”CloudNative Days” には込められています。

まだ旅への一歩を踏み出せていない人も、再び旅に出る人も、この”交差点”に集まることで過去を振り返りながら新たなクラウドネイティブの旅をともに歩み進めることができると私達は信じています。

旅をする準備をしませんか? “交差点”で会えるのを楽しみにしています。

本記事では、「CloudNative Days Tokyo 2021」で開催されたセッションの中から、特にクラウドネイティブに取り組む人たちにとって学びとなるセッションを厳選し、その内容を紹介していきます。

「CloudNative Days Tokyo 2021」公式サイト
https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021

セッションのアーカイブ動画は上記URLより視聴できますが、視聴には登録が必要となります。

お問い合わせ